安心ドッグフード「ハバナデー」でお買い物をされた方たちからの感想、店長ブログから抜粋した記事を掲載しています。わんちゃんごはんでお困り事の解決法やドッグフードご購入の際の参考になさって下さい。

ペット生活情報・雑学

玄関待ち犬・猫'のナゾ

2010.10.03
メールマガジンも393号になりました。
そのおはなしに「犬が玄関で待っている」というような
ことを書いたんですけど、こういうのどう思われます!?

  けさの地元紙朝刊みましたら
  ノーベル賞物理学者の故湯川秀樹博士の話が書いてあったんです
  「科学界には証明されていないものは一切信じない
  という考えがあるが窮屈すぎないか
  証明されていなくとも排除せず
  可能性を残す態度をとりたい」
  愛犬や飼い猫が飼い主が帰宅する30分まえから玄関でまってくれるナゾ
  湯川博士のお話でまた'玄関待ち犬・猫'のお話が延命しそうです(笑)

メルマガのお話・・・

   『先々週のシルバーウィーク
   「飛行機で行く人気旅行先」の1位が屋久島だったそうです
   ほかにも登山ブームにパワースポット
   ヒーリングスポットに仏像ブーム
   この1.2年スピリチュアルづいていますよね

   ところで愛犬家のわたしたちは
   犬を飼おうと思いはじめたときからすでにスピリチュアル!!

   まだ見ぬ愛犬の名前をかんがえたり
   山にいこうあの川原にいこう海をみせてあげようと
   あれこれイメージしてはいつしか交信していたのです

   ですからショップで出会った瞬間引力を感じるのは
   すでに交信していたからかもしれませんネ♪

   こんな話を読みました

   『英国BBC放送が番組で実験をおこないました
   飼い主が愛犬をおいて20Km離れた街にでかけます
   カメラは、リアルタイムで飼い主と犬の行動をとらえます
   飼い主は、買い物をしたりコーヒーを飲んだり・・・
   さて飼い主が「さぁ家に帰ろう」と考えました
   すると、なんと、犬はその瞬間に反応をしめしたのです
   それまで寝そべっていた犬は、とつぜん首をあげ窓際にいき
   飼い主が帰ってくるのをそわそわして待ちはじめるのです』

   みなさまは愛犬さんと話をしますか?
   犬は、「第六感」で話をするのだそうです
   いわゆる「テレパシー」
   音でなく、匂いでもなく、20km先の飼い主を
   窓際で待つのは「テレパシー」だったのです』
               ・
               ・
               ・
  こんなふうにされると
  愛犬愛猫に愛しさがつのりますよね

  さぁかたわらの愛犬愛猫さんをギューと抱いてあげてください

  「いつまでも元気でね」って♪

BLOG ペットショップハバナデーの毎日 2010年10月03日より

ブログ:http://plaza.rakuten.co.jp/havanaday


ヒヅメは・・・

2010.09.30
ヒヅメはばりばり食べるものではなく
端っこからかじりとっていくイメージで減っていきます
また、あきてきたら犬用チーズを塗っていただくと
また興味を持ち出します
でも、毎日ヒヅメばかりだと飽きるのも早いので
3種類をローテーションしてあたえますと
遊ぶ興奮度も維持できるみたいです

愛犬の<太らせない>ごはん量計算します

2010.05.11
ところで 『愛犬の<太らせない>ごはん量計算します』
というサービスをしておりまして

1日に1通はお問い合わせいただきます
そんなきょうときのうの回答を参考までご覧くださいませ

家庭でできる愛犬ヘルスチェック

2010.04.23
病院で「ついでに健康診断も」と申し出て15~20分
料金も2000円ほどで、「体重・体温・脈拍・呼吸数」など数字に表し、
標準とてらしあわせてくれます。


ところで数字には表せませんが
----------------------------------------------------------------------------------
 日ごろのヘルスチェックはもっと大事!!
----------------------------------------------------------------------------------

   ・目の輝き
   ・舌の色
   ・耳介内側の色・熱さ
   ・被毛のさわり心地
   ・動きの緩慢さ
   ・食餌量
   ・飲水量
   ・便量・色・硬さ
   ・尿の濃さ・量

 ニオイや感触もたいせつなチェック項目!つまり飼い主さんの五感が聴診器!
 こうして日ごろの変化に気づいてあげることがヘルチェック!

 これができるのは 毎日スキンシップしている「あなた」です。
 愛犬さんご用達の 専属獣医というわけですネ(笑)

姫ちゃん、トイレできましたネ♪♪

2008.06.08
きのうご質問をいただきました姫ちゃんママさんへ

回答をお送りいたしました





   『・・・そこでまず、トイレのしつけのことからお話いたします
   子犬はおしっこ・うんちを我慢できる時間は1~2時間です

   成長するにしたがい6~8時間までがまんできるようになりますが
   姫ちゃんに「がまん」を教えることはまだできませんので

   よってサークル内にあるトイレトレーに排泄できるようになるまでは
   サークル外で自由にさせる時間は制限しないといけません



   とくにおもちゃ遊びをしたり跳ね回って遊んだあとは
   腸が活発になるので余計にもよおすことが多くなります

   ですので10~15分遊びましたら
   必ず排泄のためにサークルにもどしておしっこ・うんちを促します
   (ワン・ツー、ワン・ツーなどと云って)

   また排泄をする場面をみかけましたら
   (床をくんくん嗅いで、くるくるまわりそわそわしだしたら排泄のサイン)

   ワン・ツー、ワン・ツーを云って排泄に結び付けておけば
   あとあと楽になると思います



   またサークル以外でおしっこを失敗したときの
   おしっこのあと始末はササッと片付けるようにします

   姫ちゃんが「何してるの~」などと覗きにきても
   知らない顔をしてササッと片付けないと

   姫ちゃんは
   「ここでおしっこをすると遊んでくれる。かまってもらえる」

   と勘違いをして、また同じ場所でしてしまうことにつながります
   背を向け無言でササッと、です!



   また「基本服従訓練」は写真を撮ってからお送りしますので
   いましばらくお待ちください

   ただし、服従心を養うのとは反対の行為
   <人がすわるソファーに一緒に座らせる。ベッドに座らせたり
   ベッドに入れる。ごはんを人よりも姫ちゃんに先に食べさす・・>

   などは自分のほうが優位だと思わせることにつながりますので
   しっかり順位を理解させたり服従をさせたりしないうちは禁物です



   さて、いまいちど・・
   サークルのトイレトレーに排泄できるようになるまでは

   サークル外で自由にさせる時間は制限しましょう・・
   を当面の課題にして
   姫ちゃんにクセ付けしてあげましょう』




   石巻の姫ちゃん.jpg
   写真を送っていただきました





   『店長さん、早速のお返事ありがとうございます
   なるべく姫ちゃんと一緒にいたほうがいいのかと思って


   サークルから出す時間を多くしていたのですが
   明日からは制限してみますね(^-^)


   でも、嬉しいお知らせが・・・!!!
   さっき一度だけですが
   姫が自分からサークル内のトイレへ入り
   排泄しました(*^0^*)


   嬉しくてすごく褒めてあげました!
   明日もこの調子でうまくトイレができると嬉しいです♪』











   『やりましたぁ
   できましたぁ

   姫ちゃん、エライ!!
   これなら大丈夫です♪


   > すごく褒めてあげました!
   そうですね。
   いぃーっぱい思いっきり褒めてあげてください

   そして、またきょうもちゃんとできましたら
   うんとうんと褒めて、ご褒美もあげて
   むぎゅ、ていうくらいに抱きしめて

   そうすれば、姫ちゃんも
   Tさまの喜びように"感動"して
   「ここでオシッコをすると褒めてくれるんダ!」
   と気づいて

   それでまた定位置で排泄してくたら
   また褒めてご褒美もあげれば
   「やっぱり、ここにオシッコをすれば、いいことがあるんダ!」
   と、こんどはしっかり覚えてくれるようになります

   この調子ですヨ~
   褒めるときは
   褒め度合いを目いっぱい!
   がんばってくださいませ~☆』



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0